2017レンボンガン島ミニトリップ

10月半ば僕らはバリ島にサーフトリップ。
そしてバリ島から、バリ島の隣にあるレンボンガン島にボートでのミニトリップ。
 
僕は10年以上前に1回行った事があった。
レンボンガンにはボートで行くことになる。
チャーター便貸し切りで行きたいところだが、乗り合いの高速艇がサヌールから出ている。
80人くらいは乗れる船でレンボンガン島へ。
レンボンガンはバリ島の東側にある、小島。レンボンガン島、チュニガン島、ペニダ島とあるが一番バリ島に近い島だ。

レンボンガンは水の透明度で有名な島。サンゴ礁が広がるダイビングのスポットでもある。
高速船にはダイビングのスクールの集団、チャイナのカップルがほとんど。
サーファーはほとんどいない。
「これは案外貸し切りかな?」とか思っていた。

レンボンガンは大きく分けて3カ所で波が割れている。チュニガンもできるのでそっちも入れると、4ケ所って感じです。

高速艇から小型の船ジュクンに乗り換えてのエントリー。
アウトリーフまで5分っていう近さだ。パドルで10分くらいかな。
 

●シップレック

僕らはシップレックで入った。
サイズは頭くらい。たまのお化けが頭半。風は緩いサイドオフ。形は最高に決まってた。
シップレックはライトの波。
サーファーは30人くらい。
流れがあって常にパドルしていた。
水が冷たく僕は長袖のタッパーで入った。
バリと違って、海水が青い。ロケーションは最高だ。

 
ピンポイントでブレイクするんでピークでしか乗れない。
たまにインサイドで乗れるのもあるんだけど、リーフが結構浅いところが多い。
しかも水の透明度が半端ないのでリーフが見えて怖い。

 
オージーはガツガツしているのが多くて、結構突っ込んでくる。
僕自身はこういう感じに弱い。
ガツガツしているサーファーが複数とかいると、引いてしまう。
「海外トリップ来て怪我したり、させたり絶対やだ」って根本的に思っている。
だから無理なところから突っ込んだり、人とピークで争ったりとかしない。

 
ピークにサーファーが集中するので、お掃除セットが来るとサーファーが振ってくる。
自分もドルフィンするんだが、ボードごと振ってきたサーファーと交錯。
リーシュが絡んだりもした。
 

●プレーグランド

プレーグランドに移動。
シップレックよりワンサイズ小さいが、巻いてくる感じで形が決まってる。
胸肩、たまに頭といった感じ。レフトもあるが、そっちは今一つ伸びていかない。ネットでみてみると、レフトのほうがいい波みたいだ。この日はたまたまそうだったのか?
たまのセットしか乗れないので、あんまり乗らせてもらえなかった。

港のところの岸壁に街が作られている。
ホテルやレストラン、バーやプールなんかもあってにぎわっている。
ウルワツによく似た感じだけど、ここはサーファーよりダイビングとトラベラーが多いんだろう。
どこも綺麗に整備されててアジアのリゾートっていう感じ。
 
レンボンガン島にしばらくいても楽しいだろうな。
調べるとレンタサイクルで移動する人が多いみたい。
隣のチュニガン島も橋でつながってて、自転車で移動が可能だ。
 
綺麗なリーフ。
ターコイズブルーの海。
形が決まった波。
雑誌の切り抜きのような波だった。
またこの島レンボンガンにサーフィンしに来よう。
シュノーケルやダイビングで来るのもまた楽しそうだ。
 

バリ島お買い物事情2017

●Beach Walk ビーチウォーク

イスタナラマから歩いて3分。ビーチ沿いを南下するとショッピングモール“ビーチウォーク”がある。ららぽーとのような巨大なモールでバリ島とは思えない近代的な建物だ。
 
テナントはアパレルが7割くらいだろう。僕の予想では中国人狙いのブランドショップが多い気がする。高級ブランドもあるが、ファストファッションブランドも結構ある。
 
レストランエリアがあってイタリアン・インドネシア・寿司と、各国の料理が食べられる。フードコートも充実。ミーゴレンやミークワとか「まだまだ知らない種類がたくさんあるんだ」と。
イロイロな人種が集まっている。アジアが7割位な感じだが、ジャパニーズはほとんどいない。
 

地下にスーパーがあって、ほぼ毎日通った。コンビニも近くにあったがスーパーの方が品揃えも豊富だ。フルーツが充実してて、カットしてくれる。マンゴハルマニスが1個30円位。がビンタンは150円は日本と変わらないかんじで、お菓子やつまみは日本より高いかもしれない。
ローカルスーパーには値段はかなわないが、すぐそばっていうのは便利だった。
 

お土産も結構な品揃えだ。しかもプライスタグがついているのでイチイチディスカウントの交渉をしないで済む。僕ら日本人が慣れている買い物だ。値引きの交渉をしたい人たちには残念な買い物シーンだが。
 
このスーパーはトラベラーか在住富裕層向きの少し高いお店だろう。10年前のバリからすると、3倍ほどの感じだ。バリの人の生活観が上がり、給料が上がったとは言えそこまで上がってはいないだろう。地元の人たちがほとんどいないところをみると、やっぱり高いンだろう。

 

●CARREFOUR カルフール

クタの街から少し離れたチャングーからのバイパス沿いにあるカルフール。ビーチウォークのスーパーと比べるとはるかに大きい。日本でも行った事がある人も多いはずだ。
 
雑貨や家電、服なんかも売っている、現地の人が普段使いに使えそうな感じのお店だが、たぶんバリ在住の外国人か、バリの富裕層の人達が使っているんだと思う。割と普通に日本と変わらない値段のものが多い。

フルーツの売り場に山のように盛りつけた亜熱帯のフルーツ。結構イロイロ食べてみたが、個人的にはマンゴが好き。マンゴも種類がイロイロあって全部食べてみたい。
冷蔵設備がまともなんだろう。生のお肉が切り身で売っている。と思うと生の魚介類もある。バリ島ではあんまり見かけない光景だ。

カルフールで惣菜購入してランチ。作り置きしてあるものを選んで会計後、レンジでチンする仕組み。ナシゴレンとエビチリ&アヤムバカールで500円位だったかな?
毎日こんなの食べてたんじゃ、激太り間違いない気がする。
 
コンビニはIndo mart、Mini mart、Alfa mart、Circle Kとか結構イロイロある。が、コンビニは驚くほど値段が高い。
 
バリ島には日本のローソンがあるということだが、今回はローソンを見ることはなかった。地図で見ると6カ所くらいはあるんだが。

バリ島レストラン2017 vol.1

美味しいものの宝庫バリ島。でも本当に美味しいものって結構ないものです。
美味しいものは足で見つけた情報が最も正確ではないですか?
僕が10日間で色々見てきたリポートです。
行きやすいようにマップつけときました。

 

●Warung Nasi Babi Guling・ワルン ナシ バビグリン

Jalan Tanah Lot, Beraban, Tabanan, Kabupaten Tabanan, Bali 82121

タナロットにあるローカルのバビグリンのワルン。
ワルンというよりはお洒落なカフェといったお店。天井が高くきれいな店内。

食べたのは名物バビグリン。豚の丸焼きの皮がパリパリで美味い。価格設定もローカルプライスで一皿30000Rp位だったかな?かなりの激安でした。


 

●iiga Warung・イイガワルン

Jalan Raya Uluwatu I, Jimbaran, Kuta Selatan, Jimbaran, Kuta Sel., Kabupaten Badung, Bali 80361
 
ジンバランからウルワツに行く坂を登り切ったところにある人気のワルン。内装は中華っぽい。
入口わきにグリルで豚スペアリブと鶏ももを焼いている。何やら漬けダレに漬けてあるのを香ばしく焼いてる。その横ではココナツを切っている。入口には中国人がたくさんいた。
 
ポークスペアリブが柔らかく、濃いめの味付けで食が進んだ。こんな場所にこんな上手い豚のスペアリブ食べさせるワルンがある事にも驚きだ。鶏もものBBQも食べたかった。スペアリブにご飯のセットで125000Rpで約1000円と結構するが美味いぞ。

 

 

●Warung Mina Grill N Music・ワルン ミナ

Jl. Benesari, Kuta, Kabupaten Badung, Bali,
 
ホテルウィナを通って裏口から出てJL.Benesariに出たところにできた新しいレストラン。レギャン通りにも同じお店がある。系列店かな?
 
綺麗な内装でサービスが良い。料理は何を食べても美味しい。盛り付けも洗練されてていい感じ。週末にはアコギのライブやってた。
 
マイナスを言えば、オーダーしたものがなかなか来ない、会計も遅い。
ホテルに連結してるって事は直営か?
調べてみると、飲食店は多数、ホテルも経営する大きな企業だ。バリでもこんな感じになってきているんだ。知らなかった。


 

●goku BBQ・ゴクウ バーベキュー

Jl. Benesari, Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80361
ジャラン・ベネサリにできたゴクウBBQ。ガイドのマデチャンのおすすめもあったが、美味しそうなので入ってみた。
メニューは牛肉の焼肉とスペアリブのBBQの定食。甘辛のタレが日本の照り焼きっぽくて日本人好み。
バリで牛肉食べて、初めて美味いと思った。メニューは絞られてていろいろないのも高評価。

 

●Pekak 6 Restaurant

komplek bendesa jln.benesari,pengabetan kuta-bali
call +62 361 751358
JL.ベネサリのケーマートのはす向かい。hotel winaの裏口から出た突き当りを右折するとすぐひだりにあるレストラン。
2年前に来た時もあった?かな。すごくきれいなお店で朝食から営業している。
インドネシア料理がメイン。濃いめの味付けで、甘辛い印象。
 
会計がリーズナブル。クタ周辺が値段が高騰してる中、このジャラン・ベネサリエリアはコスパが良いお店が多い。


 

●Warung Totemo

Jl Benesari No 30, Kuta, Badung Regency, Bali 80361
何日かバリに滞在して、インドネシア料理に飽きてきた時に行ってみた「totemo」。日本語からとって「とても」とつけたかは定かではないが、バリ島にはこんな感じのレストランのネーミングが数多く存在する。
ここではタコスとピザとカレーとたまにはバリ料理から遠ざかってみた。タコスにはドライのココナツがかかってる。皮はパリパリだ。
 


 
今回は車やバイクを借りなかったので、徒歩で行けるエリアに限定した。タクシーも結構使った。
同じお店には2度はいかないで色々探して、食べ歩いてみた。
2年前より値段が上がっている感じだ。特にクタ周辺は着実に高騰している。
昔ながらのお店は姿を消し、新しいお店に入れ替わっている。

バリ島チリソース サンバルアスリ

バリ島の万能チリソース「サンバルアスリ」を紹介しよう。
バリ島行った事がある人なら、きっと目にした事がある程ポピュラーなチリソース。レストランに行くと、テーブルにセットしてあるレストランも珍しくない。
 
僕はabcというメーカーのサンバルアスリが好きだが、いろんなメーカーが台頭している昨今では選択肢も多い。
 
ただabcのサンバルアスリには独特のフレーバーがあって酸味と辛さのバランスが絶妙だ。
 
thumb313どんな料理に合うか?というと、代表はバリ島チャーハン・ナシゴレン。
バリ島焼きそばミーゴレンにも良く合う。
 
以外にも唐揚げには良く合う。
鶏の唐揚げはもちろん、魚の竜田揚げやフライなんかにも。
揚げ物系は辛さをマイルドにするので、「こんなに?」っていうほどかけても意外と辛くはない。
 
そのほか、魚の塩焼きをサンバルアスリで食べると、あっという間にインドネシアフードの出来上がり。
エイヒレとかイカの燻製なんかにもピッタリ。少し辛みが強いときはマヨネーズを少し足すと辛さがマイルドになる。
 
僕がやってたレストランで生の牡蠣を売っていたらお客さんに「サンバルアスリくれ」と言われた。
チリソースとしておいしく食べていた。
 
前にアクセントを出したいと、白いご飯にかけた事があった。
これはNGだった。白いご飯の湯気でサンバルがのどに上がってきて、かなりの辛さになる。
しかも結構むせる。
 
秋の食卓にサンマや秋鮭がならぶ事も少なくない。サンバルアスリをつけると結構インドネシア感がでる。お試しいただきたい。
sambalサンバルのラインナップも最近では増えている。マニス・プダスは甘辛チリ。エクストラプダスは激辛。アヤムゴレンは唐揚げ&フライドチキンに。
 
マクドナルドでチリソース頼むとサンバルの小分けパックをくれる程、バリ島ではスタンダード。
 
日本で手に入れようとしてもお店ではあまり見ない。ネットでは簡単に買えるが送料が本体と同じくらいする。
カルディコーヒーファームで売ってるお店もある。
無いときは「kokita」のサンバルコキタを。
でもやっぱりabcのサンバルアスリがおいしい。

バリ島トリップとミーゴレン

僕自身15回ほどインドネシアはバリ島にサーフィンしに通っているバリフリークだ。
最近は仕事の関係であんまりバリ島いけてないが。
 
年1回くらいはバリ島10日間と目標をもって仕事していたい。
 
バリ島には好きなソウルフードが結構ある。
その中でもナシゴレン・ミーゴレンは別格な感じだが、ナシゴレン、ミーゴレンは中華料理の一部だそうだ。
 
「ミー」が麺で「ゴレン」は炒める・揚げるの意味。
バリ島で一般的な屋台で200円、まともなレストランで500円くらいで食べられる。
 
昨日、海入ってるとき
 

ミーゴレン食べたいなぁー

 
って漠然と考えてた。
 
「バリ島いきなり行く訳にもいかないしね」と。
 
海帰りのコンビニに寄ってみた。
何気にカップラーメンでも食べようと考えてた。
 
その中に
 
「ミーゴレン」の文字が。
 
思わず手にとってしまった。
 
カップラーメン食べるのはたぶん3年ぶり位(笑
 
いやぁ、こんな身近にミーゴレンがあるとは思わなかった。
 
image
 
そういやぁ、3年位前に食べたのも「ミーゴレン」だった。
スーパーの棚に並んでたのを偶然見つけた。
でも、確か四角のパッケージだった気がするが。
 
味はというと、バリのとはちょっと違うが、ケチャップマニスとサンバルアスリを混ぜたような感じ。
ピリ辛で旨い。
トッピングでかける、フライドオニオン「バワンゴレン」がそれっぽい。
バリ島で食べるのもインスタントの麺のものがほとんどなので、結構いい感じ。
 
あとは目玉焼きと、えびせんが乗ってれば完璧だ。ビンタン飲みたい。
 
ハワイも行きたいが、バリ島トリップ行きたいなぁ~
 
思わずバリ島行きたくなるビデオ。ウルワツ行きて~。