ドライスーツってどうなのよ?vol.2

ドライスーツはどうなのか?vol.1
 
ドライスーツを購入した。
悩んだ結果ネックエントリーのノンジップを購入。
ファスナータイプよりもごわつきが少なく見えたがどうなのか?
 
ブーツのサイズでメーカーの人と話した。
僕は26.5センチを使っているが1センチきざみでしか選べないということで27センチをチョイス。
靴下で調整できるということなのでまあいいか。
何しろネックエントリーは試したことがなかった。
 
発注から30日程度で届いた。
さっそく着てみた
なにしろ首の部分を結構伸ばして太もも、胴回り、胸回りと入れていく。
普通の感覚だと『これだけ伸ばして大丈夫か?』と不安に。
なにしろ首のサイズってたぶん50センチくらいなもんだろう。
ここにお尻や胸の部分が通るんだから2倍くらいは伸びないといけない感じだ。
最初のうちは平気だろうが、へたってくるとだんだん破れやすくなる気がする。
シーズンオフは毎年メンテナンスするような感じになるんだろうか?
 
6d1a0e17cd7e1e70165b54cd0ae9061bsddefaultinnerneckmaxresdefault
 
ネックリングの使い方が良く解らなかった ゴムの部分が肌につけば水が入らない?と考えてとりあえず、いきなり首にかけた
チョットハイネック過ぎないか?なんか息苦しいし
 
海に着いて近くに同じウェットの人がいたんで聞いてみたら、まずはふたつに折って、折れ目を下、縫い目を後ろにして、首に装着
「上からハイネックの部分を中に折り曲げて、ネックリンクの折れ目にいれる」
って親切に教えてくれた
 
インナーにヒートテックを着てみた ヒートテックはNGって書いてあるサイトが割と多いが実際はどうなのか?
 
海に入ると、寒くないかと言えば確かにそうだが、熱いか?と言うとそんな感じでもない。
中に空気がある感じだが足などは水圧がかかりピタッとなる。
真空パックのような状態です。
 
ドルフィンするとブーツが引っ張られて脱げそうな感じになる。
右足はリーシュを巻いてるからそうでもないが。
左足首にズレ止めをした方が良さそうだ。
左足首にバンドを巻いて入ってみた。ズレはなくなった。
 
20120405_4904366

img_1089

08^726712 26surfing03xx16.jpg

dsc08836
 
上がってウェットを脱ぐとヒートテックはビッショリ。靴下も濡れてた。
ドライって中が濡れるのね。それとも自分の汗かな?
 
調べるとネックエントリーは結構水が入るということ。
気になるオシッコだが3時間入って最後の方はしたくなった。
朝起きて、飲み物は全く飲まなかったのだが。
セミドライ時は平気でしてただけに、なんとも言えない違和感だ。
 
セミドライとは比べられないほど温かい。差は歴然だ。
しかもセミドライは5㎜の起毛。ドライは3㎜のジャージ。ウエットの軽さが全然違う。
起毛のインナーを買ってみた。
真冬もインナーやソックスの工夫で調節できる感じなのは嬉しい。

ジャーフルとセミドライ

4月5月と外気の温度は結構上昇して18度から20度以上にもなったりする季節、サーファーの皆さんはウエット何着てますか?
 
外気は暖かくなっても結構水温は冷たくて、悩みますよね。
 
僕は基本少し暖かくして海に入るようにしてます。
 
寒いとガマンして海にいても面白くないっていうのが一番ですね。
とはいえセミドライとジャーフルじゃ、パドリングの軽さが全然違いますからね。
ゴールデンウィークくらいになると水温上昇してくるんで。
 
それでも茨城と鴨川じゃ水温全然違いますよね。
 
ソモソモ僕は千葉っ子ですが、茨城なんかも割と行きます。
北上するとやっぱり水温冷たいですね。南下して鴨川とか行くとイキナリノーブーツで入れたりする訳で。
 
一昔前まではジップタイプが人気でした。10年ほど前からノンジップが主流になって、4,5年はネックエントリーがエントリーして、ウエットスーツ市場も進化していますね。
 
ネックエントリーは名前通りで首の部分に伸びる生地を使用。
首の部分は中に折り返すタイプと、首の部分に生地を巻くタイプと2種類に分かれます。
少し大きめに作ってあるため見た目が「ダボダボ」な感じです。大きめに作ってあるのは脱ぎ着がしやすい様に改良を重ねた結果でしょう。ドライスーツのウエットスーツのような見た目になりますね。
rum01
 
ノンジップつかってる人なら判ると思いますが、脱ぐ時に空気を入れたり、肩を上手く入れないとなかなか脱げなかったりと、イライラする事もありますが、それでもジッパーが無いことで肩周りが軽い。パドリングも楽になります。
 
僕自身ノンジップを脱ぐ時に、変なとこ持って引っ張ったら、縫い目からパーツが取れてしまったなんて事も(笑
海から疲れて上がってきて、肩バキバキな時にこの体制作るのは、まずまずのストレスだと思います。
たぶんサーファーならではの「あるある」だと思います(笑

 
千葉県が誇るウエットメーカー、BE WETのビデオをお借りしてきました。
ネックエントリーの脱着方法です。

 

BE WET 株式会社サンコー