このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングかショートか?

サーフィン旅行トップ>サーフィン初心者講座トップ
HOWTOサーフィン,ロングかショートか?
ロングについて

一般的に長さ9フィート以上(約270cm)の物がロングボードと呼ばれる。長くて浮力があるのでパドリングやテイクオフも早い。 テイクオフの手軽さからか最近はロングボードがかなり流行ってる。特に映画の影響か年配の方々のロングボーダーをよく見かける。

何しろ重くて長いので運ぶのが割りと大変。最近は軽い素材のロングボードもかなり売り出されている。このボードを海まで運ぶのにはかなり大きな車が必要。無い場合はキャリアを車につける訳なのだが、サーフボードを高速で飛ばしてしまうと大きな事故になりかねないので注意が必要。

何しろ沢山波に乗れる。長いため、ショートボードのような鋭いターンは難しい。ただプロのレベルになると鋭い切り返しや高度な技も可能だ。
ショートボード

主流はやっぱりショートボードだろう。鋭いシャープなターンが可能だ。サーフィンのDVDのほとんど、サーファーでない皆さんが見たことある映像はほとんどこのショートボードだ。 僕は日本の小波様に6,0フィート(約180センチ)。海外の大きな波様に6,3(約190センチ)と6,8(約2メートル)の3本のサーフボードを持っている。 ボードが短いため、浮力が後々かなり問題になってくる。ボードの形状もイロイロあるが、ビギナーのうちは浮力のあるものを選んだ方がいいみたいです。
ロングかショートか?

ショートボードばっかりやってる僕はどうしてもショートに話を持っていってしまう。でも僕も最近ロングデビューを果たした。ロングはショートでは遊べないような時でも割とイージーにテイクオフ出来るため、ダラダラとブレイクしてくる波には最適みたいです。

ロングボードでテイクオフして、ボードの上を歩いているのを良く見ます。ただ歩いているのではなくて、ターンする時はボードの後ろにステップして曲がる。前に歩くのは加速する時に前にステップするんだそうです。究極の加速テクニックがロングボードのノーズに足の指をかける、ハングファイブやハングテンという事です。
ハングテンはHANG TENのロゴマークで知られる“ハン・テン”はこのテクから来ているのは、あんまり知られていないのでは?
僕の波友はロングとショートと両方やってる奴も結構いて「違う乗り物だ」と言っています。ターンの仕方なんかも全然違うという事です。

ロングかショートか?遊び道具に順番を決めるなんてあまり意味の無い事なので、好みで決めたらいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

▲▲▲「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック ▲▲▲

Facebookのタイムラインに表示されます

このエントリーをはてなブックマークに追加