このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルフィンスルーとは

ドルフィンスルーとは

ドルフィンスルードルフィンスルーとはゲッティングアウト(沖に出る)のテクニック。

サーフィンするにはまずは波がブレイクするピークまで出ないと始まりません。ゲッティングアウトしてる途中で波が前から来たとき、ボードを沈め、波をくぐり回避するのがドルフィンスルーです。これができないと波のパワーで押し戻されてしまいます。

ちなみにドルフィンスルー(Dolphin through)って呼んでいるのは日本だけで、世界的にはダックダイビング(Duck diving)と言うのが普通です。ドルフィンスルーは日本人が勝手に名付けたという事です。
ドルフィンスルーをやってみよう

1.これでドルフィンスルーの成功が決まる。最重要!!開始のタイミング。

ドルフィンスルーはゲッティングアウト(沖に出る)の最中、波が来たときに行います。当然パドリングしているところです。
波が近づいてきたら、レールをつかんでタイミングを計ります。

2.以外に難しいサーフボードを沈める?

1でレールをつかんだら、腕を伸ばし上半身を反ります。
そしてサーフボードのノーズ(先端)から波に沈めます。この時はサーフボードのノーズだけ水の中に入れる感じです。

3.続いて頭から波をくぐる

サーフボードのノーズを水の中に沈めたら、頭から波をくぐるイメージで水の中に入ります。波のパワーゾーンをかわして波の下をくぐる感じです。
体が水の中に入ったら、伸ばしていた腕をたたみボードに体をくっつけます。これでより深く沈みます。

4.サーフボードのテールをける?

何も本気で蹴っ飛ばす訳ではないです。3で一番深いところにいるんですが、さらに勢いをつけて波の裏側に行きたいのでここでサーフボードのテールに足を乗せて体重をかけます。

そしてもう片方の足を上に跳ね上げるようにします。
エビ反りするようなイメージです。

ガバッと波の裏側に出れたらドルフィンスルー完成です。
maxresdefault

ドルフィンスルーのやり方は個々違うようです。プロサーファーに聞いてもみんなそれぞれ言う事が違います。自分なりに波をくぐるやり方を研究したらそれが一番良いドルフィンスルーです。

上級者になるとドルフィンスルーで5メートルは進むってどこかのサイトに書いてありましたが…本当でしょうか?

何度も何度も失敗を重ねて上手くなっていきます。やっぱり最初のうちは上手くできませんね。要は慣れです。

時間ができたらイラスト入りで完成させたいと思ってます。やっぱり図解じゃないと判りにくいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

▲▲▲「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック ▲▲▲

Facebookのタイムラインに表示されます

このエントリーをはてなブックマークに追加