このエントリーをはてなブックマークに追加

サーフィン初心者講座

サーフィン初心者講座トップ

HOWTOサーフィン
サーフィンって全然巧くならないスポーツです。 だから、長い間辛抱強くできる人にぜひやってもらいたいスポーツなんです。

僕は25年くらいやってます。サーフィンってスポーツって言うよりも「ライフスタイル」なんじゃないかなって思っています。波乗りをやってるって言うよりも「サーファーって言う人種」なんじゃないかなって。

波乗りを生活の中心に持ってきて、海のそばに住んで、海に行きやすい仕事をして、波乗りしやすい環境を作っていく。そうやって波乗りと本気で一生付き合っていければ他の事はあんまり気にしないみたいな・・・。サラリーマンで「趣味でサーフィンやってます」っていうサーファーの方とは基本的に何か違う人種だと僕自身感じています。

まぁまぁ哲学みたいになってきましたので本題に入りましょう。
初めに

僕ことNAOは15歳でデビューしました。16歳から週2回~3回ほどのペースで千葉の海に通っています。 あれから20年以上たち、でかい波を割りと平気な顔して乗れるようになった今でも初めてテイクオフした時の感動は忘れていません。初めてスタンドアップした時のスーッと滑っていく感覚は今でもはっきりと覚えています。

僕自身、ボトムターンが今ひとつ納得いかなくて、プロのサーフDVDを見まくってイメージトレーニングしたりしています。だからサーフィンのHOWTOを書くのはもうチョットしてからにしたいと思うんです。僕自身まだまだサーフィン修行中なんです。

深いドライブの効いた、伸びるドライブターンをやろうとしてもできないのに、解説しろといってもねぇ。そんなレベルのサーファーです僕は。

サーフィンはほんとに上達しないスポーツです。それだけにちょっと巧くなってきた手ごたえを感じたときには本当に嬉しく感じサーフィンをやめる事ができなくなっていくのだと僕は考えます。

「巧くなりたいなぁ」と暦20年以上の僕でも常に考えて波乗りしています。だから始めたばかりのビギナーなサーファーでも気軽に話しかけて欲しいのです。僕が書いたここのコーナーで少しでもメンタルがアップしたり、スキルがアップしてもらえれば嬉しいです。 by サーファーNAO

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

▲▲▲「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック ▲▲▲

Facebookのタイムラインに表示されます

このエントリーをはてなブックマークに追加