このエントリーをはてなブックマークに追加

サーファー的キャップ選び

サーファーと言えばキャップでしょう?
とわ言ってもサーフィンしてる何パーセントのサーファーが帽子かぶってるかと言うとたぶん1.2パーセントくらいなもんだろう。
 
一昔前のロンゲサーファーが潮焼けしすぎて茶髪のロンゲ(すでに死語か?笑 が結構たくさんいたように、髪へのダメージはハンパ無いと考えられます。サーファーが茶髪なのは、波乗り時に「潮焼け」してしまうからですね。
 
僕もヒサロに通ったタイプです。
皮膚へのダメージなんてまったく考えてませんでした。
夏の海でボンボンベットで寝てましたよ。「コパトーン」塗りまくって(笑
 
紫外線の問題が社会現象にまで発展してる昨今、サーファーも美白か?と思わざるを得ないでしょう?
少し前にもサーファーの日焼け対策とか記事をアップしましたね。
僕もサーフィン時には顔に塗りまくってます。
スティックタイプのやつを使ってるんですが、ファンデーションタイプはおとすのが結構たいへん。僕は、クレンジングジェルを海に持っていってます。紙のタイプは高くつきそう。
 
そんなこんなでここ5年はキャップがマストアイテムになってます。
基本ハットタイプをかぶってます。って言うのも日焼けには一番効果がありそうだから。
11165299_760699014042733_3904327006060773118_n一年前に購入オーシャンパシフィックのハットは結構のお気に入り。 「今時ヤシの木?」っていう感も否めないが、それがまたクラシカルな雰囲気をかもしてる。やっぱりオーシャンパシフィックはシャレオツです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

▲▲▲「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック ▲▲▲

Facebookのタイムラインに表示されます

このエントリーをはてなブックマークに追加