ハートブルーがリメイク

point-break1

パトリック・スウェイジ/キアヌリーブスリーブス主演のサーフィン映画「ハートブルー」
1991年に初上映されたサーフィン映画だ。少し若い世代のサーファーはきっと見ていない事だろう。
すでにパトリック・スウェイジは他界している。
 

サーフィンと銀行強盗を繰り返すサーファー集団のカリスマ的存在ボーディ。ボーディ役はパトリック・スウェイジ。
普段はそんな裏面は少しも出さないサーファーの神様的な絶対的存在。
fbiはジョニーユタ役のキアヌを潜入操作で送り込む。キアヌはサーフィンを始め、サーファーの彼女ができる。
彼女がボーディの“元かの”で接点が生まれサーファーの中にキアヌが入っていく。
現代風のサーフィン映像やスカイダイビングのシーン。
ジョニーとボーディの友情。そして何よりサーフィンにはまっていく捜査官ジョニーの心の葛藤が面白い。
サーファーにぜひ見てもらいたいビデオだ。

 
「point break」はなんでハートブルー?
かっこいいから?かな。

 
「ダックダイブ」って波をくぐる動作なんだけど、直訳すると“アヒル潜り”で、日本では“ドルフィンスルー”って…
言ってるの日本だけって考えると結構恥ずかしい。かっこいいから?やっぱり世界と同じにして欲しい。
 
img_ff9d0e0465e1d89724c34cc0e8b99a2a142160
そして現在。
 
この“ハートブルー”がリメイクとして映画化された「X-ミッション」
タヒチ・チョープーでの撮影。ものすごいヘビーなチューブの波で撮影って大変だろう。それだけにものすごい映像が期待できる。予告編でのダイビングや山を飛び越えるバイクの画像。あまりの迫力にどうやって撮ってるの?と自分。スノボーも出てくる。これでもかと
 
「危ない映像の宝石箱やぁ~」
 
今月、日本でも公開される。2月20日予定。