芸能人サーファー

芸能人でサーフィンをしている人は結構いる。
 
それもサーフィン歴10年以上やってる芸能人も多数いる。
サーファーなら、ご存じの方も多いだろう。しかも有名人が波待ちしてる隣にいたなんてことも珍しくない。
特に関東圏、湘南とか千葉なら普通にサーフィンしに来ている。
 
女性サーファーは当たり前のように目立つだろう。
芸能人ともなればすごく目立つ。
工藤静香さんが千葉にいたときは、すぐに判った。
aoiyuu13827412_312940022375226_953836661_naibusaki_surfing_instagram_サーフィンが好きな長谷川潤
ネットを検索すると藤崎奈々子さんや深田恭子さん、大島優子さんなんかがでてきますが、ほとんどはイメージ戦略か『やったことある』くらいのサーフィン歴ではないかと僕は考えています。以前僕は「深田恭子はサーファーなのか?」という記事を書きました。たぶんサーファーではないんじゃないかな?と。
藤崎さんは結構波乗りはまってるみたいですね。
 
最低、週一回で月4・5回はやってないと「サーフィン歴」とは考えにくいわけで、ほとんどの芸能人のかたは現状維持さえ無理なのではないかと思います。なんせ忙しい。
藤崎奈々子とサーフィンサーフィンをしてる工藤静香坂口憲二1kanekoken1
そんな中でもうまいサーファーはいるわけで。
もちろん中村竜さんや真木蔵人さんみたいなプロサーファーは別格として。
千葉で見たことある芸能人サーファーは木村拓哉さん工藤静香さん真木蔵人、さんなど。
番外編として酒井法子(のりピー)さんと元旦那さん。
 
あとは坂口憲二さんとかかな。
坂口さんは「海から見た、ニッポン」とか、『この夏は忘れない』「アジア万感」サーフトリップのドキュメンタリーは、僕らサーファーにもサーフトリップの刺激を与え続けてくれている。「サーフィンで飯を食う」簡単ではないこの課題を坂口さんは成し遂げている。それがコンペとかじゃないところがすごいところだ。
 
もう一人すっごくうまいサーファー。
千葉は南、平砂浦とか行くと結構な確率で会うのが宍戸開さん。
別荘かもしくは住んでる?ではないかと思うくらいの感じ。しかもローカルのライダー達と仲良くて、波をシェアしてる感じで。
niijima_article1_7
宍戸開さんは若いときはコンペをバンバンやっていたということです。
どうりですごいはずだ。

時差19時間の楽園

清水圭と坂口憲二のハワイショートトリップのテレビ版。
時差19時間の楽園は清水圭がこんなにサーフィン上手いなんて知らなかった。たぶんはじめてみたと思う。
坂口憲二は19歳から4年間ハワイに留学していた。(呼び捨てですいません)
 

ハワイイコールサーフィンそんなあのころ何年かに1回は『帰ってくる』そのほうがぴったりだ。ハワイダイアモンドヘッドで初めてサーフィンした。いつ来てもダイアモンドヘッドは変わらない。景色も波も心ははやるのにやっぱりハワイが好きだ。
 
12カ国回るトリップに出たがやっぱりハワイは特別だ。理由は上手くいえないがやっぱりこの海が一番好きだ。
グリルドアヒステーキ ガーリックジンジャーソースってチョット和風なところが気に入っている。アヒ【Ahi】ハワイ語でマグロの意味。ハワイのプレートランチっぽく無いとこが気に入ってる。ハワイには安くて美味いものが多い『兄弟食堂の焼肉』は絶対お勧め。

 
しかしどこのポイントもガラガラですね。僕の住む千葉県はこんな事はめったないですよ。カメラ回ってるから規制したのかな?清水圭がハワイに到着した瞬間に、ノースに行くって。イキナリノースかよぉ~♪さすが芸能人。ロックパイルで2時間入って波はねぇ~。圭さん背中リーフでガッツリこすってますね。浅い。
 
今度はウエイクボードやるみたいだ。
2人とも2度目のウエイク。スタンドアップって結構難しいのね。そういう気もするわ。僕もやってみたい。これできたらサーフィンの練習、事欠かない気がする。今度釣船借りた時、引っ張ってもらって練習してみようかな?(笑 無理か。
 
ベトナミーズキュイジーヌで夕飯。ビールは一番絞り。ハワイでもビールはキリンなのか?それとも番組スポンサー?ベトナム料理屋で日本のビールって普通置いてあるのかな?と疑問がいっぱいの僕。
 
ノースショア入ってるよ。 ロングですげえ。坂口憲二はショートもいけるしロングでも歩けるレベルなんだね。ショートもかなりいけてるレベルだと思うよ。めったに乗らないロングボードって坂口憲二は言っていて、ショートの僕は『よくロングできるね』って思ってた。フリフリチキン美味そう。ハワイのランチってワンプレートが普通なんだろうか?テイクアウトの箱が結構でかいぞ
 
hawaiiって行った事無い。一度は行ってみたいんだけど、上手いサーファーがたくさんいて、乗らせてもらえ無そうなイメージ。このビデオ見る限りではそんな事なさそうだけど。やっぱり旅行者はよそもの『ハオリ』今でも?ローカル色の強い感じのするハワイはサーフィンの聖地というよりは「隣の芝生」のような気がする。番組のサーフィンドキュメンタリー見たときにやっぱり地元サーファーが強いと感じた。主役はサニーガルシアだった気がする。
 
ビデオは全6回(約90分)。ユーチューブの連続再生モードをオンにしておくと自動再生されます。

『海から見た、ニッポン』 第一章・秋冬編

俳優・坂口憲二がサーフィンをしながら日本の各地をめぐっていく企画もの。
何の気なしに坂口さんのナレーションに聞き入ってしまう。
このナレーションはライターが書いたものを坂口憲二が読んでいるのか?あるいは坂口憲二が書いたものなのか?
俳優さんはライターではないのでナレーションを書くって事は無いだろうな。
 
サーフィンをしながら海の上から日本を見てみたい。
海外のサーフィンで坂口憲二が『日本の事を何も知らない』と思った。外国人サーファーに聞かれても上手く答えられなかったと言っている。旅の始まりはいつもドキドキする サーフィンをしながら日本をめぐる旅
移り変わる季節と出会い、人と出会い、サーフィンをしながらそんな旅をしてみたい

人間は小さく自然はでかい
 
南から北まで暮らしている人がいる
 
歩いてみて出会って感じて
 
サーフィンをしながら日本を見てみたい。
 
僕の生まれ、育った国、この日本で。
 
坂口憲二

 
後ろでゆるく流れてる音楽はサンシンかな?アコギかな?
僕が聞かれたらなんて答えるだろう。結構しどろもどろになってしまいそうだ。そもそも千葉、茨城、福島くらいでしかサーフィンしたこと無いからね。
 
このビデオクリップで、一番最初に選んだのは種子島。
そこから北海道に。
 
また旅に出たくなるサーフィンドキュメンタリーだ。
本編も見たい。