ニューボードの準備

ニューボードを買った時僕が必ずやっている事

 
まずはデッキパッドですね。
リアのデッキパッドは必須のアイテムになっていて、イロイロ種類があります。
 
クリエイチャーやstikybumps、gorilla、ASTRODECK、OCEAN&EARTHとかそれこそ数限りなくあります。
どれも似たり寄ったりで、そこそこ値段も拮抗している感じ。
 
フィンを購入。
フィンがついていればいいですが、最近はついてないのも多いです。
フィン自体が高いのと、使いまわしが効くのがほとんどという理由からでしょう。フィンの形状がいくつかあるので確認してから探します。fcsかfutureがほとんど。フィンネジがあるかないかもみておきます。
 
ケースを探します。
ニットのケースはコンパクト。
ハードケースにしまうならワックスがつかないようにデッキカバーを買っとくと便利。
 
リーシュもいっそのこと新調しちゃいましょう。
 

まずはデッキパッドを貼っちゃいます。
これはご存知の通り両面テープです。
裏紙をはがしてペタッと貼り付けます。
基本的なことですが、一度貼ってしまうとはがせません。
一発で決めるように貼ります。
 
pad僕はデッキパッドを置いてマスキングします。デッキを張る部分をデッキパッドが良く張り付くように、粗めのサンドペーパーで、サンディングします。
 
そして吹き上げます。粉が残ってるとくっつきが悪くなるのでくれぐれも拭き残しの無いように気をつけます。
テールの方の上がっているキッカー部分は、はがれやすいので、テープで締めて固定。12時間以上放置プレーします。
 
al-merrickワックスを塗ります。
僕はベースコートを90%くらい使うんで、ニューボードのワクシングの場合は必ず1個買ってきます。
塗り方はワックスの塗り方・ツブツブの作り方を見てください。
 
こんな感じでニューボードのチューニングは完了です。

 
▲関連項目
ワックスの塗り方・ツブツブの作り方
 
▲関連項目
ワックスの塗り方・下準備編

アルメリック

小波用のボードが欲しかった。
小さい波でもトリッキーに動くマジックボード。
アンド、肩~頭くらいは順応する板。
 

ミニボードとまではいかなくても、とりまわしがしやすくなおかつレールが入りやすいサーフボード。
チョット前にcoleのglasshopperってサーフボードがいいなと、イロイロ探したが、いいフロートのボードを見つけられなかった。購入したのはいいが、ショップの記載ミスで5.7を5.9と記載してあり返品した。
 
アルメリックの板は久々に買った。
一昔前だったのでモデル名とかは無く結構短くて細いボードだった。確か5.4。
結構なアンダーフロートだった。
すぐに仲間に譲った。
 
dumpster-diverchannel-islands-dumpster-diver-510-x-20-x-2-1-2-surfboard-r83221-482px-675px
今回購入したニューボードはアルメリックDumpster Diver。デーン・レイノルズがスモールウェーブ用にとアルメリックに発注してできたモデル。ネックベアードの原型とも言われているDumpster Diverは短いボードながらアウトラインが急激にカーブしているのでタイトなマニューバが可能と言うこと。
「短くてワイド、そしてちょっと不格好だが、速くて楽しい」というチャンネルアイランドのコメントだ。
 
自分の体重が70キロなので適正フロートは
 

体重×0.36=適正フロート(リットル)

 
それで僕の場合の適正フロートは25.2リットル。
5.7と5.8 どっちを選ぶか考えた。
「小波に最適」と考え、フロートが大事だと考えた。
5.8をチョイス。
 
5’8″(172.72cm) 19 3/4″(50.17cm) 2 3/8″(6.03cm) 29.4Lのボードを購入。
少しオーバーフロートだが、たぶん丁度良い気がする。
久しぶりのニューボード。楽しみたい。
 
デーン・レイノルズと言えば「エアー」で有名だ。
このボードを使えばエアリアルがバンバン決まるわけでもないが、とりあえず実績のある板を使うのも大事なんじゃないかなと思う。
http://cisurfboard.jp/surfboards/dumpster-diver