『海から見た、ニッポン』 第一章・秋冬編

俳優・坂口憲二がサーフィンをしながら日本の各地をめぐっていく企画もの。
何の気なしに坂口さんのナレーションに聞き入ってしまう。
このナレーションはライターが書いたものを坂口憲二が読んでいるのか?あるいは坂口憲二が書いたものなのか?
俳優さんはライターではないのでナレーションを書くって事は無いだろうな。
 
サーフィンをしながら海の上から日本を見てみたい。
海外のサーフィンで坂口憲二が『日本の事を何も知らない』と思った。外国人サーファーに聞かれても上手く答えられなかったと言っている。旅の始まりはいつもドキドキする サーフィンをしながら日本をめぐる旅
移り変わる季節と出会い、人と出会い、サーフィンをしながらそんな旅をしてみたい

人間は小さく自然はでかい
 
南から北まで暮らしている人がいる
 
歩いてみて出会って感じて
 
サーフィンをしながら日本を見てみたい。
 
僕の生まれ、育った国、この日本で。
 
坂口憲二

 
後ろでゆるく流れてる音楽はサンシンかな?アコギかな?
僕が聞かれたらなんて答えるだろう。結構しどろもどろになってしまいそうだ。そもそも千葉、茨城、福島くらいでしかサーフィンしたこと無いからね。
 
このビデオクリップで、一番最初に選んだのは種子島。
そこから北海道に。
 
また旅に出たくなるサーフィンドキュメンタリーだ。
本編も見たい。